小学生、5年「高地のくらしと低地のくらし」の授業展開は「住むならどっち?」で!実際に行った授業を紹介します!

Pocket

スポンサーリンク

皆さんは社会の「高地のくらしと低地のくらし」の授業をどのように行っていますか。今回は定着させなければならない「高地のくらしと低地のくらし」の知識を、「住むならどっち?」という主発問をもとに考えるという授業の提案です。これから授業を行う方の叩き台にしていただけたらと思います。

 

スポンサーリンク

「住むならどっち?」 調べ学習

学習を始める前に、子どもたちに、

「私たちの住んでいる地域で地震が起き、生活できなくなってしまいました。移住しなければなりません。」

と話します。

「しかし住める地域は限られています。標高の高い高地か、低い低地のどちらかでしか移住できません。」

そこで子どもたちに質問します。

「住むならどちらに住みたいですか。」

しかし何も知らない状況では決められません。そこで始めの意見を決めるために、NHK for Schoolの映像を見て、映像を参考に始めの意見を決めます。

輪中 ~低い土地のくらし 岐阜県海津市~」

輪中を守るしくみ ~高須輪中排水機場(はいすいきじょう)~

輪中の現在のくらし

長野県川上村・南牧村のレタスづくり~高い土地の農業~

映像を見て立場を決めたらまずは、教科書や資料をもとに住みたい理由、住みたくない理由を探していきます。高地のメリット・デメリットは以下の通りです。

(高地=長野県野辺山原)

メリット

・レタスの生産日本一

 

青葉出版の資料集より

 

・酪農

 

青葉出版の資料集より
教育出版の社会の教科書より

 

・アイスキャンドル

 

教育出版の社会の教科書より

 

・星空

 

教育出版の社会の教科書より

 

・温泉

・雪遊び

・そば畑

 

青葉出版の資料集より

 

・乗馬体験

 

青葉出版の資料集より

 

・野辺山駅観光

 

青葉出版の資料集より

 

デメリット

・土砂崩れがある

 

yahooの土砂崩れの画像より

 

・交通の便が悪い

・電波が悪い

・雪かきが大変

 

 
yahooの雪かきの画像より

 

(低地=岐阜県海津市及び千葉県香取市)

メリット

・レガッタ

 

青葉出版の資料集より

 

・チューリップ

スポンサーリンク

 

青葉出版の資料集より

 

・水生植物園

 

教育出版の社会の教科書より

 

・船下り

 

教育出版の社会の教科書より

 

・昔から残る水路

 

デメリット

・洪水がある

 

yahooの洪水の画像より

 

などです。

「住むならどっち?」その2 インターネットで確認する

 

調べ学習が終わったら、調べた内容をより深く知るため、インターネット検索でさらに資料を探します。

検索を始める際、ただ画像や動画を見て終わってしまう子が出ないよう、最後にノートを提出するので、しっかりとノートにメモすることを伝えます。

また、5年生では自分の力で検索する力がまだ弱いため、ヒントを伝えておきます。

長野県野辺山原のヒントワード

「野辺山原 観光」「冬 気温」「東京まで 時間 料金」「電波」「雪国 苦労」

岐阜県海津市及び千葉県香取市のヒントワード

「海津市 観光」「香取市 観光」「洪水 回数 頻度」

ここで見つかった内容も意見の根拠にしていきます。

 

「住むならどっち?」その3 調べた資料をもとに意見交換する

 

教科書・資料調べが終わり、インターネットでさらに深く知ることができたら、それらの情報をもとに立場をもって話し合いをしていきます。自由に話し合いを行うとテーマが広すぎてしまうので、テーマを絞って行います。

「野辺山原 メリット」

「海津市・香取市 メリット」

「野辺山原 デメリット」

「海津市・香取市 デメリット」

の順番で話し合いを行います。○は賛成の意見、●は反対意見です。

「メリット」

(高地派)

○アイスキャンドルや綺麗な夜空の星が見られる

○おいしい乳製品やそば、高原野菜が食べられる

(低地派)

○水生植物園が見られる

○釣りが楽しめる

 

「デメリット」

(高地派)

○土砂崩れが起きたら危ない

●コンクリートで固める対応をしている

○交通の便が不便

●買い物ができる車が来てくれる

(低地派)

○洪水が起きたら危ない

●排水場があるから大丈夫

 

それぞれの立場で話し合ったので、それらの意見をもとに最後は自分の立場を決めます。私のクラスでは、22対8で低地派の方が多い結果となりました。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。今回取り上げた問題は、テストで出題を確認したものばかりですので、押さえなければいけないポイントになると思います。しかし、教師が講義形式で授業を行っても子どもも飽きてしまいます。「自分から資料や教科書に向き合い、証拠を見つけて話し合い自分の知識とする」ことができる「どっちに住みたい」の授業をぜひやってみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク