小学生、5年「水産業のさかんな地域」の授業展開は「謎解き」で!実際に行った授業を紹介します!その2

Pocket

皆さんは社会の「水産業のさかんな地域」の授業をどのように行っていますか。今回は定着させなければならない「水産業のさかんな地域」の知識を、謎解きでやってみるという授業の提案です。これから授業を行う方の叩き台にしていただけたらと思います。

「小学生、5年生の社会「水産業のさかんな地域」の授業のスタートはこれ!実際に行った授業を紹介します!」

の続きになります。

スポンサーリンク

「水産業のさかんな地域」の謎を解き明かせ その2 さんまはどんな風に日本各地へ届くのか

今回は、「さんまが漁港についてから、どんな風に日本各地へ届くのか」についての謎解きです。

 

クイズ①は、

「さんまの値段はどのように決まるか。また、さんまの箱詰めで大切なことを2つ答えよ」

です。

1つ目の答えは、「せりで、魚の状態やとれた量で決まる」です。

 

教育出版の社会の教科書より

 

教育出版の社会の教科書より

 

箱詰めで大切なことの1つ目の答えは、「空気や人の手になるべくふれないようにする」です。

箱詰めで大切なことの2つ目の答えは、「紫外線で殺菌した冷たい海水とともに箱詰めする」です。

 

教育出版の社会の教科書より

 

クイズ②は、

「安心して食べてもらうためのルールとは」

です。

安心して食べてもらうためのルールは、「トレーサビリティ」です。「とれた場所や温度の管理、出荷した日などの情報をインターネットに公開する」ことです。

クイズ③は、

「新鮮なままさんまを運ぶために輸送で気をつけていることを3つ答えよ」

です。

さんまの輸送で気をつけていることの1つ目の理由は、

「温度を一定に保ち、決められた時間までに輸送するため、台風などの情報に気をつけてどの道路を走るか考えていること」

です。

 

さんまの輸送で気をつけていることの2つ目の理由は、

「台風などの情報に気をつけて、どの道を走るか考えている」

 

 

です。

さんまの輸送で気をつけていることの3つ目の理由は、

「目的地が遠い場合は安くて安全なフェリーを使う。また、急ぐ場合は航空機による輸送をする」

です。

 

教育出版の社会の教科書より

 

教育出版の社会の教科書より

 

「環境や安全を考え、排出ガスが少なく、速度制限をするトラックを使っている」

は「さんまを新鮮なまま輸送するための工夫ではない」ので省きます。

 

どの問題から取り掛かっても構いません。また、25分と時間を区切って行うことも同じです。時間が終わったら、子どもたちに発表してもらいながら解説をつけて答え合わせをしていきます。答えとイラストをノートにまとめて授業は完了です。

「水産業のさかんな地域」の謎を解き明かせ その3 「世界の中の日本の漁業」

 

続いて、「世界の中の日本の漁業」についての謎解きです。

クイズ①は、

「北方領土の周りで漁をしている人々の現状と願いとは。」

です。現状は、

「北方領土では、『さけ』『たら』『ます』などの海洋資源が豊かだが、自由に漁ができない」「ロシアに協力金を払って漁をしているが、量は制限されているし、その量も年によって大きく違う」

です。

 

願いは、

「祖先の土地を返してもらい、海や資源を元通りにしたい」

です。

 

教育出版の社会の教科書より

 

クイズ②は、

「世界各国が自国の水産資源を守るために行ったことと、日本の漁業の種類とそれらの漁業の生産量はどのように変化しているか答えよ」

です。

自国の水産資源を守るために行ったことは、

200海里を定め、外国の漁船がとる魚の種類や漁を制限した」

です。

 

教育出版の社会の教科書より

 

日本の漁業の種類は、

「4種類(沿岸漁業、沖合い漁業、遠洋漁業、養殖業)です。生産量は、養殖業以外の3つの漁業は減少している」

です。

 

教育出版の社会の教科書より

 

クイズ③は、

「現在の日本の漁業の問題点とは。3つ答えよ」

です。

1つ目の問題点は、

「海水温の変化で、魚がとれる場所や量が変動している」

です。

2つ目の問題点は、

「輸入が増え、値段の安さなどをめぐる競争が起きている」

です。

 

問題点の3つ目は、

「若い漁師が減っている」

です。

 

教育出版の社会の教科書より

 

これもどの問題から取り掛かっても構いません。また、25分と時間を区切って行うことも同じです。時間が終わったら、子どもたちに発表してもらいながら解説をつけて答え合わせをしていきます。答えとイラストをノートにまとめて授業は完了です。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。今回取り上げた問題は、テストで出題を確認したものばかりですので、押さえなければいけないポイントになると思います。しかし、教師が講義形式で授業を行っても子どもも飽きてしまいます。「自分から資料や教科書に向き合い、答えを見つけて正解して喜びを味わい自分の知識とする」ことができる「謎解き」の授業をぜひやってみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク