太陽光発電を設置してみて6カ月が経ちました!気になるその収支をお知らせします!

Pocket

新築で家を建てた優太ろうです。2月で住み始めて6カ月になります。家の屋上には太陽光発電を設置しました。6カ月の間に太陽光発電がどの位の収支になったのか気になるかたもいらっしゃると思います。そこで今回は、平成30年度の12月から平成31年2月までの太陽光発電の収支についてお知らせします。これから設置する方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

太陽光発電を設置して4カ月が経ちました!12月編

我が家では、4.5KWの太陽光発電を設置しています。これから10年間、同じ価格で買い取りをしてもらえるそうです。買い取り単価は38円でした。早速HEMSのモニターでチェックしてみますと、現在の発電量、使用電力量、売電量を見ることができました。

12月の売電結果はこんな感じです。

 

 

2018年12月の売電収入は、4246円でした。グラフで高く伸びている日は晴れの日、ほとんど伸びていないのが雨の日になります。12月の日照時間が一番短い時期なので、晴れの日でも300円を超える日がないことがわかります。一方、買電量はこちらです。

 

 

寒い季節に入ったこともあり買電量がぐんぐん伸びていき、1カ月で20558円でした。収支は、マイナス16312円でした。

 

 

やはり夜は暖房をつけることになりますので買電のみになります。これまでに比べ大幅に電気代がアップしました。初めての冬の電気代、大きな打撃になりました。ということで12月の電気代は16312円になりました。8月からこれまでで最大の電気代ですね。

 

太陽光発電を設置して5カ月が経ちました!1月編

 

5カ月目に入りました。1月は晴れの日が続いていたため、日照時間は減ってきましたが、多くの売電をすることができました。1月の売電収入はこんな感じです。

 

 

全体的にグラフの背が高いのがわかります。300円に届いたのは4日だけでしたが、それでも200円を超える日が多く、12月に比べて2000円ほどアップしています。一方、買電はこんな感じです。

 

 

最終的に買電量は23973円でした。収支で見ると、マイナス17534円になりました。12月に比べ、売電量は上がったのですが、買電量で大きなマイナスになってしまいました。

 

 

太陽光発電を設置して6カ月が経ちました!2月編

 

太陽光発電を設置してから6か月目に入りました。売電の結果はこんな感じです。

 

 

売電収入は、6166円でした。2月になり少し日照時間が伸びてきたためか、晴れの日には400円を超える日が出てきています。一方、買電はこんな感じです。

 

 

18442円でした。12月、1月とずっと2万円台でしたが、なんとか1万円代に戻ってきました。収支はマイナス12276円でした。やはり冬は大幅なマイナスのようです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。我が家の近隣の詳細とこれまでのことをまとめて見ていきますと、我が家では、

太陽光発電は4.5KW設置
日当たりはすぐ隣に山があり、朝と夕方は少し日照時間が短い

12月 売電 4246円 買電 20558円 収支 ー16312円
1月 売電 6440円 買電 23973円 収支 ー17534円
2月 売電 6166円 買電 18442円 収支 ー12276円

でした。設置量や周りの条件によってもこれらは変わってくると思うので全てが参考になるわけではありませんが、日照時間や天気、気候によって収支が変わってくることは参考にしていただけると思います。今回の記事がこれから太陽光発電を設置しようとしている方の参考になればと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク