梅ヶ島温泉「黄金の湯」レポート!緑に囲まれたねっとり温泉は最高!

Pocket

静岡市葵区の安倍川の奥にある、梅ヶ島温泉、「黄金の湯」に行ってきました。気になる料金や泉質、休憩所の様子をお伝えします。ぜひ梅ヶ島温泉に行く際の参考にしていただけたらと思います。

 

http://www.koganenoyu.com/

 

 

スポンサーリンク

 

梅ヶ島温泉「黄金の湯」の料金は?

 

梅ヶ島温泉黄金の湯、は入り口をくぐると右側に料金自動払い機があります。そこで料金を払います。大人700円、子ども300円です。この料金は1日いても同じ料金です。時間制限がないのは気兼ねなくのんびりできていいです。また、1時間のみの料金もあるそうです。大人400円、子ども100円です。ほとんど1日で利用しているのでこちらは利用したことがありません。また、10枚綴りの券も購入することができます。こちらは何回も行く予定の方ならお得になります。10枚綴りの券で販売していますが料金は7000円で11枚付いているからです。黄金の湯が気に入って何回も行く予定ができた方はこちらをオススメします。

 

http://www.koganenoyu.com/facilities/

 

また、JAF会員の方は100円引きになりますので持っている方は提示した方がさらにお得です。また、ポイントカードもあり、15個スタンプがたまると一回入浴無料になりますので毎回受付時に提出しましょう。

 

 

梅ヶ島温泉「黄金の湯」の休憩所は?

 

梅ヶ島温泉「黄金の湯」の休憩所は、とても広く清潔感があります。広さは約100畳、200人まで入れるというサイトの情報通りとてもゆったりしています。長机も50脚程あります。

 

 

また、中庭や駐車場がありますが秋には沢山の紅葉が見られます。休憩所の軒下から眺める景色はとても綺麗です。

 

 

食事に関しては残念ながら持ち込みはできません。(2018年11月現在)黄金の湯の建物の中にはカップラーメンやおにぎりが売っています。それらを購入して食べるという形です。お湯もすでに用意されていますのでカップラーメンはすぐに食べられます。

また、「黄金の里」という食堂も用意されています。そばやうどん、丼などが用意されています。700円から800円台のお値段です。黄金の里で購入した食事は黄金の湯の中の休憩所に持ち込んで食べることもできます。

 

http://www.koganenoyu.com/koganenosato/

 

梅ヶ島温泉温泉の風呂と泉質は?

 

最後は気になる梅ヶ島温泉のお風呂の種類と泉質です。お風呂の種類は内風呂と露天風呂です。内風呂はここもとても広く悠々と入ることができます。温度で区切られていて、ぬるめの湯が少し狭くなっています。洗い場は8箇所程あるためそれほど待つことなく洗うことができます。露天風呂は、10人ほど悠々と入れるくらいの広さはあります。1番のオススメは、入り口近くの場所です。ここには1メートル半ほどの広さの座れる石が設置してあります。お湯の温度が少し高いのでずっと浸かっているのは大変です。しかし、この場所だと熱くなったら半身浴に変えることができるので、満足できるまで入っていることができます。露天風呂内に座れる石があるのはこの部分だけなので、人がいなくなったらその場所で浸かるのがオススメです。

そして一番気になる泉質です。梅ヶ島温泉黄金の湯は、透明でとろとろです。このとろみが優太ろう家では大好評です。「温泉に来たな。」という気持ちを存分に味わうことができます。温泉のとろみが好きな方にとっては満足できる温泉だと思います。

 

http://www.koganenoyu.com/quality/

 

総合評価

 

これらをふまえ、梅ヶ島温泉黄金の湯の優太ろうん家の総合評価は、

★★★★☆

星4つです。料金もそれほど高くなく1日いられますし、休憩所も広くて綺麗です。温泉の泉質も、優太ろうん家の大好きなとろとろな泉質で文句無しです。

しかし、休憩所に食事の持ち込みができないため、お腹が減っている状態で行きますと、家族で黄金の里で食事をすれば結構なお金がかかってしまうのがマイナスポイントです。

また、行き道の途中には、「赤水の滝」という大きな滝も見ることができます。

 

 

秋には紅葉でいっぱいです、とても綺麗です。梅雨時期には紫陽花も沢山咲いていてとても綺麗です。

 

 

というように、温泉だけでなく周りの景色も楽しめるところもオススメです。是非一度行ってみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク