家を建てたらその後は?家具家電に必要な経費はどのくらい?

Pocket

ヘーベルハウスで家を建てた優太ろうです。家が建ちいよいよ住み始めようとしましたがとても住める状態ではありません。真夏なのに空調がありません。大きな窓なのにカーテンがありません。引っ越しもまだなのでテレビもありません。ネットもまだ繋がっていません。そこで今回は引っ越しした後、どんなものが必要で、どのくらいのお金がかかるのかを実際にかかったものを元に紹介していきます。これから家を建てられる方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

 

家を建てたら必要なものその1 家具・家電

  家を建てたらまず必要になってくるものは家具・家電です。家具では、ダイニングテーブル、ソファー、テレビ台、ベッド、子ども用机、椅子、お風呂場の棚などが必要になってきます。我が家では、ダイニングテーブルとソファーは有名メーカーの値段が高い物を選びました。詳しくは下のサイトをご覧ください。

2018第72回横浜グランドインテリアフェアに行って、ソファーとダイニングテーブルを買いました!

 

それ以外は全てニトリで購入しました。ダイニングテーブルとソファーで合わせて30万円。

 

     

 

テレビ台は4万円。ベッドは子どものベッドを2つ購入して6万円。子どもの勉強机は2つで2万円。椅子は子どもと嫁の分を合わせて2万円。お風呂場の棚は6000円と言った感じで細かいものにもコツコツお金がかかってきます。ここまでで約45万円程お金がかかっています。 続いて家電です。我が家では、洗濯機とテレビは今まで使っていた物を持って行きました。新しく買った物は、冷蔵庫、冷暖房になります。冷蔵庫は一番新しい物を買いました。およそ20万円です。  

 

 

 

また、冷暖房も長く使うことを想定して一番新しい物にしました。20畳用で20万円です。もう一つ子ども部屋用に6畳用を買いました。これも新しい物で10万円しました。

 

   

 

家電で50万円程かかりました。また、インターネットはへーベル光でお願いすることにしました。この工事費用が2万円程かかりました。家を建てる以外にかかる費用の一つ目、家具・家電ではおよそ100万円かかりました。  

 

家を建てたら必要なものその2 カーテン

 

続いて必要な物は、カーテンです。我が家はカーテンはヘーベルに頼まずに自分たちで用意することにしました。親戚に内装屋がいたためです。ヘーベルに始めに出してもらった見積もりは30万円でした。それよりも安くなることを期待して親戚に頼みました。しかし、せっかく新築にカーテンを付けるのに安物はつけたくありません。そこでカーテンやロールカーテンは、東リやサンゲツの物にしました。内装屋の親戚が勧めてくれたので確かだと思って決めました。それらを全ての部屋に設置すると(カーテン5箇所、ロールカーテン12箇所)、安くしてもらっても30万円を超えてしまいました。長く使える物だから仕方ないですが中々予算内に収まりません。ここまでで130万円程になります。  

家を建てたら必要なものその3 外構

 

最後に、外構になります。家が建っても外構をそのままにしておくとせっかくの新築もなんだか見すぼらしく見えてしまいます。ヘーベルハウスでも外構の見積もりを出してもらいましたが、170万円を超えました。とてもそんなお金は出せません。そこでヘーベルでは外構はしないで、今回、「くらそうねエクステリア」の紹介で外構をお願いすることにしました。詳しくはこちらをご覧ください。

 

外構工事はどこに頼む?「くらそうねエクステリア」を利用してみた!その評価は?

 

見積もりを出してもらうと、140万円代でした。もっと安く済むならその方がいいですが、駐車場2台、ウッドデッキ、サイクルポート、門袖、アプローチ、人工芝、砂利、ライト、シンボルツリー、ポスト、表札と全てお願いするとこのくらいかかってしまうようです。それでも、ウッドデッキとサイクルポートが無いヘーベルの見積もりに比べて30万円安いのでやはりハウスメーカーで頼むと高くなってしまうことがわかりました。  

 

 

まとめ

  いかがだったでしょうか。ここまでの費用で270万円かかることになります。しかし、新築の家ではこれ以外にも、掃除道具や室内装飾品、布団など様々な物にお金がかかります。「家を建てることに加えて300万円程お金がかかる」なんて言葉を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、本当に300万円程かかります。これから家を建てることを考えている方は、家に全てのお金を注ぎ込んでしまわないよう、建った後のお金のことも考えて貯金をしていただけたらと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク