O字型の薄毛が3ヶ月で治った!これまでの対策とオオサカ堂での改善計画スタート!

Pocket

30代を過ぎた頃、友人と飲んでいる時にある友人から、「お前頭頂部きてるな。」と言われました。「えっ、うそ、やばい。」と聞くと他の友人が、「少しだよ、少し。」とハゲましてくれました。それから6年、0型薄毛との戦いが始まりました。

スポンサーリンク

0型薄毛が始まったと考えられる要因 シャンプーと遺伝

 

30歳になった頃、一人暮らしを始めました。その頃までは20代であり、また、「アルソア」という高いシャンプーを使っていましたので、頭頂部の薄毛は一切きていませんでした。一人暮らしを始めお金を考えると、これまでのように高いシャンプーは使えないと、安くて泡立ちもいい「パンテーン」というCMでもお馴染みのシャンプーを使うようになりました。使い始めて2年、先ほどの飲み会での指摘があり、様々なサイトで「薄毛の原因」や「シャンプー」について調べてみました。すると、「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」という言葉にヒットしました。この成分が使われているシャンプーは頭皮にダメージを与え薄毛になりやすいとのこと。「パンテーン」の中にはしっかりとその成分が含まれていました。

パンテーン成分表示の中身で気になる成分

ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸アンモニウム、

 

これで薄毛になったとは言い切れませんが、原因の一つになっていたことはありえます。もう一つは「遺伝」です。私の父親は、「0型薄毛」です。ですので自分が30代を過ぎ、「0型薄毛」になってしまっても不思議はありません。以上の2つの原因が考えられます。

 

0型薄毛対策その1 シャンプー変更と「リアップX5」

 

 

その飲み会での指摘を受け、対策に乗り出しました。一つ目は「シャンプーの変更」です。成分表示を見て先ほどの2つが入っていないシャンプーを選びました。以前使っていた「アルソア」は2つの成分が入っていませんでしたので、お金はかかりますがまた使い始めました。続いて、修復のためCMでお馴染みの「リアップX5」を購入しました。

 

1本7000円です。高いですね。

 

髪がなくなる原因は1つ「300円」ほどの商品でしたが、髪を増やすためには1つ「7000円」もしてしまいます。髪を失うということはその後に大きな障害をもたらすことに気づきました。「リアップX5」を始めて9ヶ月、計3本ほど使って様子を見ました。結果は、「弱い毛」「短い毛」が増えたというだけで薄毛は改善されませんでした。

 

0型薄毛対策その2 「世界一簡単な髪が増える方法」を実践

 

 

「リアップX5」で成果があまり感じられなかったため、今度は書籍を購入し、書いてあることを元に実践してみました。上記の本には、シャンプーの選び方やシャンプーの仕方、自分で作れる育毛剤など様々な方法が載っていました。これも半年ほど実践しましたが、自分で作れる育毛剤にも限界があり、最後まで効果を実感することができませんでした。しかし、シャンプーの選び方やシャンプーの仕方、薄毛の症状にあったツボの押し方など、参考になった部分は多くありました。今後も続けていきたいと思います。

 

 

0型薄毛対策その3 オオサカ堂の薄毛薬を実践

 

 

中々良い対策が見つからない中、朝のテレビ番組で「薄毛」についての特集を行っている番組を見ました。そこに登場した薄毛対策の先生は、60近い年齢、しかも親が「薄毛」にもかかわらずびっしりと髪の毛がありました。聞くと、「フィンペシア」を飲み続けているとのこと。実は私、この放送の3ヶ月前に病院に行き、診察を受けていました。血液検査と診察、処方箋(フィナステリド)で合計16000円かかりました。診察は抜きにしても1ヶ月で8000円(保険適用外)もする薬を飲み続けることはできません。高すぎます。そんな諦めている中でのテレビ放送でした。「やはりこの道しかない。」と思い、薬局で買う以外の方法を模索しました。そこで辿り着いたのが「オオサカ堂」です。海外の薄毛薬を輸入して販売しているそうです。このサイトで、以前使用した塗り薬「ミノキシジル(リアップX5と同じ成分)」と「フィンペシア(薬局で処方されたフィナステリドと同じ成分)」を購入することにしました。価格は、塗り薬「ミノキシジル」が2本で7000円(リアップX51本分と同じ値段です)。

 

↑ここから購入できます。

 

「フィンペシア200錠」が5000円(薬局で処方されたフィナステリド30錠が8000円です)。

 

↑ここから購入できます。

 

副作用は心配ですが、どちらも続けられる値段です。

 

まとめ

 

髪の毛は失うと元には戻りません。若いとすぐに生えてくるのではないかと思いますが生えてきません。そして生やそうとするためには多大なお金と時間を要します。ぜひ私のようにならないためにも今ある髪の毛を大切にしてください。私は現状を少しでも回復できるよう、多大なお金と時間をかけ対策をしていきたいと思います。これからその3で紹介した2つの薬がどこまで効果があるかを紹介していきます。

「O字の薄毛が3ヶ月で治った!気になるその後は?その途中経過を紹介します!」

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

現在の頭頂部

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク